ANGEL catalog vol18
16/109

16車いすまわり124451車いすの上での座位を安定させたり、姿勢の保持や補正をしたりするためのクッションと安全に配慮したグッズ等を揃えました。状態に合わせたものを使用することで、より快適で安全に過ごすことができます。車いす専用クッション正しい車いすシーティングを行うことにより、骨盤の前すべり予防・褥瘡リスク軽減・座面のたわみ補正・腰部後方隙間の安定・上体の傾き防止・食事介助時の姿勢補正等様々な効果が期待できます。このような車いす上での生活を快適に過ごす為の車いす専用クッションを取り揃えています。車いすまわり※使用の一例です。選ぶ際の参考にしてください。※こちらの商品は「ポジショニング(P.7)」に掲載しております。車いすシーティングでのクッション使用例1骨盤の前すべり予防2座面たわみ補正3上体の前倒れ補正座位がくずれて骨盤が前すべりすると、仙骨部分が圧迫されて褥瘡リスクが高まります。これを予防するには、手前側が高くなっている車いす専用のクッションが効果的です。座面のたわみは骨盤の安定を損ない、拘縮や骨格変形にもつながります。底面にボードが入ったクッションや特殊形状のクッションを敷くことでたわみを補正し、骨盤を安定させます。円背がある場合などは腰の後ろの三角形のすき間を埋めます。ここにクッションを入れることで支持面を増やし、上体の前倒れを防いで顔を正面に向け、座位を安定させます。使用商品CPクッションⅡ/通気ビーズクッション(車いす用)車いすイージークッションフィット三角柱クッションⅡp.18 p.19 p.19 23● 裏返して● たたんで

元のページ  ../index.html#16

このブックを見る